「事物の本性」に捧げるNANISの新キャンペーン:美への、そしてより深い意味でのイタリア性への賛歌。

ルクレティウスの「De rerum natura(事物の本性について)」に着想を得た真心からの物語。Nanisの新キャンペーンは、自然の美しさと人間の才能が出会う、宙に浮いた魔法のような場所への感動的な旅へと私たちを誘います。


Nanisの真の魂をどのように伝えるか
? 深いところで本当に私たちを特徴づけるものは何なのか? 30年以上も続けてきたことの真の本質は何か? 特に今回のパンデミックでは、これまでにないほど立ち止まって自分自身を見つめ直す必要があり、これらのことを自分たちに問いかけました。 何十年にもわたって私たちを導き、刺激し、感動させてきたものを、皆さんにも伝えたいという思いがますます強くなったのです。

私たちは、自分たちが何者で、何をしているのかという本質にたどり着くまで、鏡の中の自分たちを見つめました。
裸になったら何が残るのかを。 残るのは...事物の本性です。 私たちが誰かということの本性です。



私たちの中にはたくさんのものがあります。 情熱とサヴォアフェールがあります。 職人技と想像力があります。 熟練した手と技術があります。そして何よりも、美しさに対する絶対的な愛があります。 それは、いつでもどこを見ても私たちイタリア人の側らにあり、共有する必要性を抑えられない美しさです。 
それは、誰であろうと、何をしようとイタリア人の一部をなすものなのです。
私たちにとって、美しさを創造し世界にもたらすことは、選択ではなく必然であり、運命に身を任せることなのです。 それ以外の道は考えられません。