オニキス・ジュエリーで完璧なスタイリングをするための3つの黄金律

どんなシーンでもあなたを助けてくれる、アイコン的ブラックアイテムのないワードローブを想像できますか? ジュエリーでも同じだと言ったらどうでしょう? ここでは、あなたのお気に入りの服にぴったりのオニキス・ジュエリーを選ぶためのクイックガイドをご紹介します。

シースドレスでも、エレガントなパンツでも、ゴージャスなヴィンテージのバイカージャケットでも、ブラックは私たちのスタイルに欠かせない要素であり、直前に計画されたカクテルパーティから、クレイジーな女子会まで、あらゆるシーンで最後のよりどころとなります。 主役ではないにしても、少なくとも主要なアイテムのひとつにブラックが入っていないファッションショーはありません(おそらく今後もないでしょう)。 ブラックアイテムに神のご加護がありますように...願わくばブラックジュエリーにも! ブラックダイヤモンドと18Kゴールドのリングほど現代的で上品なものはありませんが、それだけではもったいない! 美しいブラックオニキスのジュエリーと組み合わせてみてはいかがでしょうか? 艶やかで魅力的なこの天然石は、ネガティブな波動から私たちを守り、バランスを整える効果があることでも知られています。今、最もトレンディーな石の一つであり、私たちのジュエリーコレクションに欠かせない存在です。 この天然石を使ったスタイリングのヒントを見つけてみませんか?


シーンに合わせてジュエリーを選ぶ

これは、ジュエリーを選ぶ際に最初に考慮すべきことです。 「標準的」ルールはなく、シチュエーションや好み、そしてもちろん個性の問題です。

カジュアルな集まりに、魅力的な黒のシルクのVネックドレスを選び、カウボーイブーツで着崩して行きますか? それなら、ブラックオニキスとイエローゴールドのパールをシンプルに連ねたロングネックレスがぴったりでしょう。 ドレスのネックラインに合わせて、同じネックレスでも、ラリオットにしたり、ロングバージョンにしたり、他のネックレスと組み合わせたりと、さまざまなアレンジが可能です。 ただ、一番の鉄則を守ってくださいね。それは決して大げさにしないこと!

夜のお出かけに素敵なダブルブレストのブレザーを選びましたか? ならば、オニキス、18Kゴールド、ダイヤモンドの同じネックレスをチョーカーバージョンにして、ネックラインを強調してみてはいかがでしょうか? この場合、イヤリングは避けて、洗練されたブレスレットでシンプルに仕上げるのもいいかもしれません。 「より少ないものは、より豊か」は、皆の知るところですよね!

一方、ビジネスミーティングに出席する場合、ジュエリーはフォーマルな装いにちょっとしたスパイスをプラスし、自分の個性を表現するのに最適な手段であることを覚えておいてください。 私たちのアドバイス? ディテールで勝負! このようなシチュエーションでは、細いチョーカーや、ダイヤモンド、18Kゴールド、オニキスを使ったミニマルなネックレスなど、小さくても個性的なジュエリーを身につけると、ネックラインに洗練された印象を与えることができます。 選んだネックレスが大きすぎなければ、オニキスのピアス2対でもいいかも

サイズと「対極」

注目を集めることができるスタイリングがお望みですか? ならば、何かユニークなもの、個性的なもの、そしてあなたのスタイリングを特別なものに変えてくれるものを考えてみましょう。 その際、ジュエリーが重要な役割を果たすことは言うまでもありません。 ジュエリーをスタイリングに合わせてクリエイティブにコーディネートするときの黄金律のひとつは、異なるサイズや 「対極」でアレンジすることです。 オーバーサイズのスーツには、細身のネックレスダイヤモンド、オニキス、18Kゴールドのリングの重ねづけなど、軽やかなジュエリーと組み合わせると、とてもクールに見えるでしょう。また、何対かのピアスを組み合わせるのもいいかもしれません。 普段の生活の中でジュエリーを使うときは、恥ずかしがらずに、むしろ自分のスタイルにエッジと個性をプラスするためにジュエリーをどんどん活用してください!

ベーシックなジーンズにタイトな黒のタンクトップを着ますか? それなら、ネックレスやイヤリングは避け、リングで「誇張」して。オニキス、ブラックダイヤモンド、18Kゴールドなどのリングで、歌姫のように手を「ドレスアップ」してみてはいかがでしょうか。

自分のセールスポイントをアピールしよう!

あなた自身
があなたのスタイリングの出発点であることを忘れずに、あなたのセールスポイントや個性に合わせてスタイル作りをしてください。 スタイリングするときは、自分自身を表現しているのですから、最高の自分を演出できるように心がけてください!

例えば、顔の形によって、どのイヤリングが自分に合っているかを判断することができます。 面長や卵形の顔には、一般的に「ショート」ピアスが似合い、丸みを帯びた顔にはドロップタイプが似合います。 でも、一番いいのは、さまざまなヘアスタイルを試しながら、実際に自分に合ったものを見つけることです。

ジュエリーを選ぶ場合、そのフォルムによっても違いが生まれます。 丸みを帯びたジュエリーは、特に胸元の大きく開いたネックラインと組み合わせることで、見た目に官能的な雰囲気をプラスできます。 一方、直線的で幾何学的なジュエリーは、よりフォーマルでエレガントな装いにマッチします。 すべては、あなたが何を表現したいのか、どれが一番しっくりくるのかによります。

いずれにせよ、いかなるルールも超えて、ジュエリーは文字通りあなたの装いに革命を起こし、あなたを輝かせるものであることを忘れないでください。 時間をかけて探求し、工夫してみてください。あなたはアート作品を作っているのだということを忘れないでください。