ラウラが語るAZUREコレクション

新鮮さを求める気持ちから生まれ、絶妙に現代的なテイストが際立つNanisのDancing in the Rain Azureコレクションは、何年にもわたって進化し続けてきました。それは、Nanisの創造力の中心であるデザイナーのラウラが、ミルキーアクアマリンとロンドンブルートパーズを愛するがゆえに、それらをさまざまなジュエリーに使いたいという抑えきれない気持ちから生まれたものです。 「これらの素晴らしい石とゴールドとの対話から、ユニークなアイデンティティと多様な創造の可能性を持つプロジェクトが生まれると確信していました」とデザイナー。


TrasformistaReverseなどの多くの象徴的なコレクションと並行して、私が求めていたのは、新しく、繊細で、さわやかで、現代的なコレクションを創造することであり、直感的にアクアマリンとロンドンブルートパーズを思い浮かべました。 私は宝石や金の魅力にどっぷり浸かって育ったので、どの石にもそれぞれの魂や個性があると確信しています。 デザイナーの仕事は、それを理解し、可能な限り最高の方法で表現し、歪ませることなく強化し、扱う素材の最高の芸術的表現を見つけ出し、感動を与える何かにたどり着くことなのです」。

Dancing in the Rain Azureプロジェクトのためにラウラが選んだのは、有機的なアクアマリンでした。柔らかで繊細な色と、人によっては欠点と捉えられる内部の筋模様を特徴としますが、彼女にとってはまさにそれこそがこの石を唯一無二なものにしているのです。 「人も同じだと思います」とラウラは続けます。「その人を唯一無二にし、他人と区別するものはそれぞれの個性ではないでしょうか?」

この石との最初のアプローチから、「流動的」で柔らかな「空と海のかけら」コレクションが生まれました。このコレクションでは、アクアマリンのブールと、精巧な手彫りが施されたゴールドのブールを組み合わせ、繊細でマリンな色使いを表現しています。 そして、このコレクションをさらに面白くしたのが、その万能性です。 例えばAquamarineネックレスは、長さやボリュームを変えることで、シーンに合わせてアレンジできるように考えられています。



「このコレクションを継続することは、私にとって自然なことでした。今一度、ゴールドとダイヤモンドを組み合わせながらも、今回はより古典的なフォルムを見直し、デザインし直しました。 私が求めたのは、洗練された上品なコレクションであり、ラグジュアリーな混交であり、都会的な光と優しさのポエムでした。 こうして、よりミニマルで直線的でありながら、際立つ個性を備えたジュエリーが生まれました。 エレガントなペンダント、洗練されたブレスレットリングを組み合わせることで、極めて現代的な雰囲気を醸し出します。」

新たな発見に満ちたコレクション...そして、今後もさらに新作が生まれていきます!