テニスブレスレット

エレガントでありながらシンプルなこのブレスレットは、汎用性に優れ洗練されており、すべての女性のジュエリーボックスの「必須アイテム」です。 何の話でしょうか? そう、タイムレスなテニスブレスレットの話です。

当初、このジュエリーは「エタニティブレスレット」と呼ばれていました。それは、クラスプがどこにあるか分からない作りで、始まりも終わりもないブレスレットであることから、無限の愛の象徴とされたのです。

しかし、ある有名なテニスの試合がきっかけで、このジュエリーの名前が変わったのです。 クリス・エバート選手が試合中にブレスレットをコート上で紛失し、それを探すために試合が中断されたのです。 この出来事から、エタニティブレスレットは、「テニスブレスレット」に名前を変えることになります。それ以来、テニスブレスレットはますます人気のジュエリーとなりました。シンプルなジーンズからエレガントなドレスまで、どんなスタイルにも輝きをプラスすることができ、どんなシーンにも合う便利なアイテムであることに女性たちは気づいたのです。

Nanisは、このクラシックなテニスブレスレットを現代風にアレンジし、そのデザインと、ブランドの最も象徴的なフォルムであるブールをエレガントに融合させたいと考えました。 このプロジェクトから生まれた最初のブレスレットは、ダイヤモンドバーと、手彫りされた不規則なフォルムの18Kゴールドのブールを交互に配したÉliteコレクションのテニスブレスレットです。 デザイナーであるラウラの試みはここで終わらず、長年にわたり引き続きこのタイムレスなブレスレットの新しいバージョンを作り続けました。その天然石への愛情を注ぐことで。 アクアマリン、ロンドンブルートパーズ、ブラックオニキス、ルチルクォーツ、ピンクトルマリン、グリーントルマリン。 それぞれの石が、それぞれの趣で、クラシックでタイムレスな魅力を持つこのジュエリーに命を吹き込んでいます。